HOME > 保険と自費でどう変わる?

保険と自費でどう変わる?

保険適用の入れ歯

全部床義歯(=ぜんぶしょうぎし)

全部入れ歯のことです。歯ぐき色の部分(床)に使える材料はレジンと熱可塑性樹脂です。人工歯に使える材料はレジン歯、熱可塑性樹脂、硬質レジン歯、陶歯、臼歯金属歯です。

部分床義歯(=ぶぶんしょうぎし)

部分入れ歯のことです。床と人工歯に使える材料は全部床義歯と一緒です。バネ(クラスプといいます)の部分に使える材料は、鋳造の場合には14K金合金、金銀パラジウム合金、ニッケルクロム合金、コバルトクロム合金です。屈曲の場合には14K金合金、不銹鋼、特殊鋼になります。バー(床と床をつなぐ平たい棒状のもの)に使える材料は、鋳造の場合には金銀パラジウム合金、ニッケルクロム合金、コバルトクロム合金です。屈曲の場合には金銀パラジウム合金、不銹鋼、特殊鋼です。

特徴

人工歯:種類が限られている為、場合によっては残っている歯の色、形のバランスが悪くなることがあります。
歯肉部:汚れが付きにくく、装着感がよい形態になっています。基本的な形態だけで、制限があります。
義歯床(樹脂):金属と違い割れやすいので、かなり厚くなっています。また熱を伝えにくい材質なので食べ物の温度、味覚が感じにくくなります。
維持装置(留め金):残っている歯を取り囲むようにして入れ歯を固定します。その為、歯の状態によっては、笑ったときに見えたり、多少口の中で違和感があります。

自費負担の入れ歯

自費負担の入れ歯のイメージ
金属床義歯

床の一部が金属になっており、金属の床とクラスプは一体構造になっています。保険の義歯よりも薄くでき、違和感が少なく、また熱伝導性もあります(レジン床では熱いものや冷たいものを感じにくくなります)。ただし、入れ歯の調整は難しくなります。

アタッチメント義歯

残っている歯の土台部分と入れ歯が接する部分に、オス型とメス型の装置を組み込みます。クラスプのように表側からは見えないため、審美的に優れており、入れ歯の安定もよいのですが、アタッチメントが壊れると修理が難しいという欠点があります。

特徴

人工歯:天然の歯の代わりになるもので、患者様それぞれに最も合うように、様々な色、形が用意されています。
歯肉部:歯茎の代わりになる部分で、汚れがつきにくく、装着感もいい形態になっています。ご要望にあわせた形態を作ることも可能です。
義歯床(金属床):口の中の粘膜に密着している部分で、入れ歯が落ちないように固定したり、入れ歯で噛んだ力を粘膜に伝えたりします。金属を使用した場合は、薄く装着感がよい。
維持装置:入れ歯を残っている歯に固定する装置で、残っている歯に必要以上の負担をかけず、歯を長持ちさせることが出来ます。種類によっては、外から留め金が全く見えないので、入れ歯をしていることが分かりにくくなっています。

新着情報

一覧を見る

2015/12/29

年末年始の休診のお知らせ
12/29(火)~1/4(月)まで休診させて頂きます。

2015/04/14

G.W休診のお知らせ
5/7(木)は休診させて頂きます。その他は暦通り診療します。
宜しくお願いします。

2011/05/29

春日井市の藤山台かわだ歯科医院の入れ歯専門サイトがOPEN致しました。

大きな地図で見る

所在地
〒487-0035
愛知県春日井市藤山台10-21-1
最寄駅
高蔵寺駅より車で10分
診療時間
午前 9:30~12:30
午後 14:30~19:30

お問い合わせ 詳しくはこちら
  • RSS配信
  • RSSヘルプ